2005年10月05日

小学校教頭が校長採用試験でカンニング

今の時代、先生もカンニングしちゃうんですねぇ。。。
もしかして、カンニング竹山の影響でも受けてるんでしょーか。

なんて、洒落にもなっておりませぬ。
そういえば、某友人の中に大学の入学試験でカンニングして
合格した、という猛者がいたというのを思い出しました。

しかも、字が小さすぎて読めなかった
なんてもうね、アホかと。北海道教育委員会は5日、校長採用選考の論文試験で、
自作の論文を手のひらサイズに縮小コピーして持ち込んだ町立小学校の男性教頭(51)を
停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。
教頭は「字が小さ過ぎて、読めなかった」と話しているが、
「教育者として恥ずべき事で申し訳ない」として、一般教員への降格を申し出ており、
道教委は認める方針。

道教委によると、試験は9月10日、函館市内で実施された。
学校経営などをテーマに2時間以内に1200字でまとめる内容で、
教頭は600字程度の論文を握りしめていたところを、
開始1時間後に試験官に見つかり、受験は無効になった。

動機について教頭は、校長採用試験を受けるのは初めてで、「周囲の期待もあり、恥ずかしいものを書けないと思った」と話しているという。

教頭の頭は薄かったランキング


posted by Cフォン at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダメニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。